スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核と放射能について

以下、市長blog「放射線量の測定への対応」のコメントから少々の加筆にて転記。

人間の身体は、長年の進化により、自然界にある放射性物質に対しては自然に排出する等の仕組みが備わっているのに対し、今回の核発電所から発生する物質に対しては、既存の同位体と区別が付かずに取り込みやすい、という問題があります。
内部被曝が重要視されるのも、そのためです。
(アスベストが体内から排出しにくいのを思い出してください)

学校での屋外活動や給食の忌避については、この一文を参考にしてみてください。
http://bit.ly/lTMVlj
>>ふつうにお手紙で「家庭の判断で牛乳はしばらく飲ませないこと
>>にしたので水を持たせましたのでよろしくお願いします。」と学校の
>>担任の先生にお手紙にお手紙を書きましたら、はい、わかりました
>>ということでした。注文一時停止用の用紙持たせました、とご丁寧
>>なお返事をいただきました。

ちなみに拡散・蓄積の「予測」地図によれば千葉市の大半は東京の大半より「マシ」です。
http://www.selectourfuture.org/f1/index2.html

あとはフリーラジカルで体力が消耗するため、玄米や味噌などで抵抗力を付ける事がベラルーシで紹介されています。
牛乳の代替手段として粉ミルクを一定期間、輸入した国もあります。

周辺の自治体も疎開の受け入れを行っています。罹災証明が必要な所が多いようですが、個人単位での旅館などは柔軟に対応されるかもしれません。
母子疎開ネットワーク「hahako」
ちなみに移動費用などは東電に請求できる可能性もあります。

福島の親子たちが先だ、というのは判らなくもないですが、津波の避難では、呼び掛ける人は「中の人を待たずにさっさと避難に移る」ことで迅速になったそうですので、同様に避難できる人はさっさと避難することで、回りに注意をより喚起できる効果があるといえます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiba can change

Author:chiba can change
緑区の狼です。

最新記事
twitter
    follow me on Twitter
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。