スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノレールの延伸について

「千葉都市モノレールの延伸(総事業費176億円)は中止する。延伸する前に経営改革」
について、S市議に確認したところ、「単線」にした上での事業費、だそうです。
ちなみに距離は3.6kmほど。単純に見ても1kmあたり、50億円

この50億円で思い出したのは、幻となった奈良市の路面電車構想
東大寺から三条を通り、西の京を結ぶ3.5~5.5kmで、建造費50億、維持費11億/年。

この違いは、構造の問題による所が大きい。つまり、上から吊るための巨大なレール構造体。これはどこに発注するのかというと、市内の製鋼企業じゃないのかな。利益誘導が見え見え。

そして環境面ではどうかどいうと、鉄鋼を多量に消費する点では非常に分が悪い。鉄の絶対消費量を考えればLRTがもっとも最小になる。ついでに言えば国交省も「鉄筋より木造のほうが原料製造時も含めると炭酸ガスコストが低い」と認定。

推進派の考えって、「ここまで作ったんだから~」という事なのでしょうが、それって「サミットフィーバー」というみっともない精神状況であり、表面的に口実をあれこれかき集めているだけのよう。

では、どうすれば良いかというと、利用頻度を高め、収益性を高めて自前で事業費を稼いでから出直しておいで、というのが正直な所。
もともと、モノレールの建造の切っ掛けとなったのは郊外の住宅地(ex.千城台、みつわ台)から千葉までのバス路線が、渋滞でにっちもさっちも行かなくなったから、というもの。
その序でに、下を通る道路も整備したものだから、流れが良くなり、そこへバス会社も並行する路線を営業させるものだから、駅間隔があり、割高なモノレールが敬遠されるのは当然の帰結。

だからといって自由競争社会においては、官がバス企業の運営に制限を申し渡すのは民業圧迫とされ、無理筋というもの。

むしろ、モノレール車両の走行においては炭酸ガス排出が少ない[ただし原発による電気も含む]・速達性・定時性が保証される、という優位性を、バス会社に買ってもらう形で共存繁栄を図るのが堅実と考えられる。

手っ取り早くやってもらいたいのは、両者に導入されたばかりの、ICカード精算を用いた、バスとモノレールの乗り継ぎにおける「初乗り料金の二重取りの解消」。可能ならば、モノレールも、運賃を2/3くらいには値下げしても良いだろう。

それにしても解せないのは、JR千葉駅側の対応。当初は総武各駅・内房線・外房線の各ホーム南端との接続構想があったのに、JR側が応諾しなかったようだということ。
もっとも、30年も市政の進め方をみていると、市の申し出の態度にも問題があったのかな、とも思えてくる。(緑区の火葬場建造や、その近くの交差点改良などを見てると尚更)

さらに言えば千葉駅舎を挟んだ総武本線・成田線の各ホームの南端を、モノレール駅舎を経由して乗り換える経路も出来てもいいんじゃないのかな。そうすればJR東口改札を経由し、モノレール駅舎のばかでかい空間の長ったらしい階段(エスカレータ)を上がってやっとホームへ、という経路問題も解消する。

ついでにいえば、あの空間も、エキナカとして収益源にもなるかもしれないのに、勿体ない話。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

過去のアンケートも参考にしよう

マニフェストにある「モノレール延伸の凍結」は市民の関心も高いのか、コメントも結構なものがあります。 これらを見てみると、「おや?」と...
プロフィール

chiba can change

Author:chiba can change
緑区の狼です。

最新記事
twitter
    follow me on Twitter
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。