スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学的検証の一つが測定能力の向上。(4/6追記あり)

4/6 追記あり。ワープ先

放射性物質を含まない(とされる)震災瓦礫の広域処理を国が呼びかけており、千葉市も条件付きで協議中です。
その前に津波被害を受けた旭市の瓦礫も一部を昨夏から引き受けており、この時は特に反対も出てなかった模様。
もっとも、この場合は「県内で出入り禁止」にもならずに済んだ(?)のと、文科省の測定地図でもなんとなく「大丈夫だろう」という空気があったのだろうと推測されます。

で、余所からだと激しい反発が出るのかというと、複数の不安要素がかなりからみついているためではないでしょうか。
放射性物質ですが、文科省および厚労省の地図をよく見て欲しい。
第4次航空機モニタリングの測定結果を反映した東日本全域の地表面におけるセシウム134、137の沈着量の合計 第4次航空機モニタリングの測定結果を反映した東日本全域の地表面におけるセシウム134、137の沈着量の合計

出典
左:文科省 http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/12/1910_1216.pdf(pdf形式)
右:厚労省 http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2011/siryo34/siryo2.pdf(pdf形式)

文科省の地図では岩手県と宮城県の境目付に注目しておきたい。そして厚労省の予測では岩手の北端からずっとかぶっていると推測している。つまり全く飛来してない訳でもないといえるでしょう。
また、静岡の茶からも検出されたように、福島原発からの距離で見れば岩手県全体も所々は…という警戒はしておいてもおかしくないのでしょう。
(もちろん、岩手県の各所でも測定し、問題ないとは報道されていますが、その測定方法は?というと疑問符が少し残るところです。専用の測定器を用いることになるためです)

では、測定について。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 脱原発
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

chiba can change

Author:chiba can change
緑区の狼です。

最新記事
twitter
    follow me on Twitter
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。